キャッシング審査の具体的な内容とは

キャッシングの審査条件は満20歳以上69歳以下で安定した収入があることが条件となります。大企業に勤務する正社員や公務員などは長期的に安定収入が見込めるので審査では有利になります。ただアルバイトやパート従業員や派遣社員などの非正規雇用の人でも、長年同じ職場で安定して働いて一定以上の固定収入があれば審査に通る可能性があります。
また審査では収入以外にも申込者について多くの属性項目に関する評価を行います。申込者に十分な返済能力があるかどうかを総合的に判断します。審査では属性項目ごとにスコアリング方式で点数化して自動評価を行います。
例えば保険証の場合では一番評価が高いのが公務員の共済保険で、次が大手企業の組合保険、中小企業の社会保険、国民健康保険の順になります。家族構成では、独身で両親と実家で同居している人が評価が高くなり、既婚で家族と同居している人で、独身で1人住まいの人が一番低い評価となります。
初めてキャッシングを申込む人は借金がないので評価が高いと思うかも知れませんが、実はあまり高く評価されません。本人のクレジットヒストリーがなく未知数なので信用度も低くなるのです。キャッシングの借入を何度も繰り返して実績を重ねることで信用評価が徐々に高くなっていきます。
審査では申込者の信用度はとても重視されます。多重債務者などになって返済不能に陥ると貸したお金が回収できなくなり、会社に損害が及ぶからです。そのために申込者の信用情報の調査を厳密に行います。例えば他社借入件数が3社以上ある人は将来的に多重債務者になる可能性が高いと判断されて審査に通ることはできません。また過去3ヶ月以上延滞などの金融事故暦があると審査落ちします。年収の3分の1を超える多額の借入がある人も総量規制のためそれ以上の借入はできません。
キャッシング審査は、属性スコアリング方式による仮審査と、人による本審査との2段構成になっています。本審査では申告内容の事実確認や借入限度額の決定などを行います。基本的に社会人として健全な経済生活を送っていて、十分な返済能力があると認められれば審査に通ることができます。初めてで審査が不安という方は、キャッシング会社によって条件がどのくらい違うのか下記のようなサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。
http://www.cashing-oh.net/